• 043-444-5525
    • 【営業時間】 09:00 〜 18:00
      【定休日】 火・水曜日
    • お問い合わせはこちら
空き家。相続問題。不動産(空き家)の相続手続きから活用方法・売却までトータルサポートいたします。所有している空き家を売却・活用したい!不動産(空き家)の相続で揉めたくない!全国どこでも相談OK!

不動産・土地の相続

こんなお悩みはございませんか

不動産(空き家)の相続問題
不動産・土地の相続に関するお悩み
  • 不動産(空き家)の相続の予定がある
  • 誰のものかわからなくなっている空き家がある
  • 相続の書類手続が難しい
  • 資産分割で親戚と揉めたくない!

全国どこでも対応いたします!

不動産(空き家)相続問題お任せください!
まずはお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください

043-444-5525 お問い合わせはこちら

不動産(空き家)の相続トラブルに注意!

不動産(空き家)の価値はその価格を付けることが難しく、遺産分割協議の中で子孫同士が揉めることもしばしば…。 公平な資産分割をしなければ、後々の親戚関係にも大きく影響してしまいます。

遺産分割協議 親戚間のトラブル

相続手続をしないと、後々困ったことに…

不動産・土地の相続が決まった場合、亡くなった人(被相続人)の名義になっている不動産の名義を 相続した人(相続人)の名義に変更しなくてはなりません。
この手続のことを「相続登記」と言います。

遺産分割 相続手続

相続登記をせず、そのままにしておくと後々以下のような不都合が発生してしまいます。 出来るだけ早めの相続登記手続をオススメします。

親戚関係の悪化、所有権があいまい手続きが複雑に、不動産担保による借金不動産売却ができない

資産分割の手続は大変!

相続登記は、下記のような流れで行います。

1相続発生、2被相続人の財産一覧の把握、3相続人同士で遺産分割協議、4資産分割協議書の作成、5相続登記手続

不動産(空き家)の価値は、築年数や土地の価格、状態等に応じて変動が激しく、また現金の相続と違い適正な価格を付けることが難しいため、親戚同士のトラブル回避のため相続登記を行わず放置するケースが多くあります。

将来的に相続登記の義務化。罰則も適用

2024年を目途に法定が改正され「相続登記を義務化する」法案が施行されることになりました。施行されると3年以内の相続登記が義務化され、期限内に相続登記をしなかった人には罰則【10万円以下の過料】が科せられることになります。すでに放置されている不動産(空き家)も対象です。親族同士での罰則の押し付け合いにならぬよう、早めの話し合いが必要です。

不動産・土地の相続に関するお悩み

全国どこでも対応いたします!

不動産(空き家)相続問題お任せください!
まずはお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください

043-444-5525 お問い合わせはこちら

複雑な不動産相続手続はプロにおまかせ!相続後の不動産活用のアドバイスまで、トータルにサポートいたします!

不動産業一筋約半世紀の経験と70年程の人生経験を活かし私、清水がお客様のご意見・思いを真摯に受け止め、ご一緒に相談を重ねながら最良のご提案をさせて頂きます。
住まいに関するご相談、お気軽に何でもご相談ください!

顔写真
店舗・アクセス
  • トヨミズキヨシ 外観1

    トヨミズキヨシ 外観2幸せを売るハッピーちゃん
  • トヨミズキヨシ株式会社

    〒289-1144
    千葉県八街市八街ろ183−106

    電話番号

    FAX.043-443-4152
    【営業時間】 09:00 〜 18:00
    【定休日】 火・水曜日